今さら聞きにくいシリーズ「電子書籍」②について

会話に出てくるけど、いまいちピンと来ていない。
知らないような、知っているような、やっぱり知らない。
でも、質問して聞くほどのことでも無いような気がするし……
レッスン中に、こっそりと質問をいただくことがあります。

そんな「今さら聞きにくいシリーズ」。
前回に続いて「電子書籍」について。

電子書籍とは、デジタル機器の画面で読む文章を主とした電子出版物のこととご紹介しました。

続きまして今回は、読むためのリーダーと購入することができるストアについてご紹介いたします。

電子書籍を読むための機器やソフトウェアは電子書籍リーダーと呼ばれています。

呼称は他にも、電子書籍(ブック)ビューワー・電子書籍(ブック)専用端末・デジタルブックリーダー・Eブックリーダー・Eリーダーなどがあります。

電子書籍リーダーの代表といえば、アマゾン・キンドル(Amazon Kindle)や楽天コボ(Kobo)が専用端末としてあり、凡用端末としてはアップル・アイパッド(Apple iPad)などがあります。

また、パソコンやスマホ・タブレットに電子書籍リーダーアプリをインストールすることで手持ちの機器で気軽に電子書籍を楽しむことができます。

電子書籍を販売する主なサイト(ストア)にはアマゾン・KindleストアやeBookJapan、hontoや楽天Koboなどがあります。

大型書店である紀伊國屋書店ウェブストアなどでも電子書籍を購入することができます。
電子書籍販売ストアは多くの出版社でも開設しています。

ぐっと身近になった電子書籍。

場所をとらず、持ち運びも容易かつ大量にが可能になりました。
紙の書籍も捨てがたい良さがありますが
自分に合った選択をしてまいりましょう!

 

パソコンレッスン 無料体験随時行っております。

詳しくは、お電話、お問合せフォームからご連絡ください。

京都・長岡京市のプログラミングスクール パソコン教室なら キュリオステーション長岡天神店へ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です