ブロック検査ロボット

こんにちは、教室長の中川です。
本日は、ロボットプログラミングコースに通っている生徒さんの作品をご紹介します。

題して『ブロック検査ロボット』

赤外線センサーの値を判別し、10円玉と1円玉を振り分けています。
部品工場での不良品をチェックするようなロボットをイメージしています。

そして、今回の動画では50円より多く貯金されると、鳥のロボットが動作し、音がなり、さらにLEDライトが光るというプログラムを作ってくれました。

まだ通い始めて半年くらいですが、非常に良くできていたので紹介しました。
生徒さんは小6の男の子。今後が楽しみですね。

ロボットプログラミング無料体験随時受付中です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です