タッチタイピング

会話に出てくるけど、いまいちピンと来ていない。

知らないような、知っているような、やっぱり知らない。

でも、質問して聞くほどのことでも無いような気がするし……

レッスン中に、こっそりと質問をいただくことがあります。

 

そんな「今さら聞きにくいシリーズ」。

今日は、「タッチタイピング」についてご紹介いたします。

 

タッチタイピングとは、キーボード入力の際にキーボードを見ずにキーを叩いて入力することです。

ブラインドタッチとも言われます。

 

キーにはアルファベットや記号に文字が印字されていますが、それを特に見ることもなくパチパチとスムーズに入力操作する様はカッコいいですね。

 

タッチタイピングをできるようになりたい!

そうしてお通いいただける生徒さま、いらっしゃいます。

ですが、同じくらい、いやもっと多くのかたがタッチタイピングができるようになる気がしない!

とお考えでいらっしゃるのも、紛れもない事実。

 

結論から言うと、日常的に利用するローマ字入力程度はタッチタイピングできるようになるべきです。ここは断言!

(無理強いしませんが、パソコン操作はずっと楽になります)

 

どのキーをどの指で押すのか。

と言うルールがありますので、それを知っておけばOK。

あとは繰り返しあるのみで、だんだんと慣れていけば自然とタッチタイピングができるようになります。

(レッスンでどのように進めていくかはインストラクターへお声がけ・ご質問くださいね!)

 

今まで食わず嫌いでタッチタイピングに興味が無かった方もぜひ、この機会に挑戦していただきたいと思います!

 

ここでちょっとご紹介なのですが

キュリオステーション公式のマイタイピングが公開されました。

キュリオステーション公式のマイタイピングはこちら

ゲーム感覚でプレイしていただければタイピングレッスンの成果を確認するのにピッタリです。

ぜひぜひお試しください!

ちょっとご紹介でした^^

 

 

パソコンやタブレットに関するご相談、MOS資格対策、子供向けプログラミングなら、

京都 長岡京のパソコン教室 キュリオステーション長岡天神店へご相談ください。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です